So-net無料ブログ作成

子宮筋腫とは [子宮筋腫とは]

子宮筋腫とは

子宮筋腫とは子宮の筋層にある
平滑筋細胞由来の良性腫瘍のことです。

女性の約2割の方が「子宮筋腫」になりますが、
悪性化するのはその0.5%以下となっています。

5割以上の子宮筋腫が
複数の塊が発生してしまう多発性のものです。

子宮腔寄りの粘膜下筋腫の場合は
  ・不正性器出血
  ・月経困難症
  ・不妊症
の原因となってしまうことがあります。

子宮の外側寄りの漿膜下筋腫や
子宮壁の肉の中の筋層内筋腫の場合は、
巨大になってしまうと周辺臓器の
尿管、膀胱、直腸、腰仙骨神経叢を圧迫して
  ・水腎症
  ・排尿障害
  ・便秘 
  ・腰痛
等を発症することがあります。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。